いまでや

  • 料飲店様向け発注サイト
  • オンラインショップ
  • jpen
  • jp
  • en
  • menu open

役員

役員

役員
小倉秀一

代表取締役社長
小倉 秀一Ogura Shuichi

facebook

料飲店様とのパートナーシップ

1962年、両親が創業したときの「いまでや」です。いわば弊社の原点。ここで私は酒屋の長男として生まれ幼少期を過ごし、高校時代はサッカーに、大学時代はヨットに熱中し青春時代を送りました。大学卒業後は家業の酒屋の継ぐにあたり、サッポロビール(株)に就職。3年間の就業を経ていざ家業に戻ってみると、一般家庭への配達がほとんどだった為、量販廉売店の出店等により厳しい経営状態という事実に直面。考えた結果、外販に活路を求め、料飲店様への営業回りを始めました。当時、営業スタッフは私一人。不器用ながら作成した提案書を片手に1日何十件も走り回った日々を今でも覚えています。

現在、弊社では料飲店様にお酒のご提案以外にもホールスタッフの方へ向けて提供サービスセミナーやフード・ドリンクメニューのコーディネイトも行っております。何かお悩みの際には弊社にご相談頂けるよう料飲店様とのパートナーシップ構築に努めております。

創業したときの「いまでや」 セミナー風景

酒・造り手との出会い

二代目として酒屋「いまでや」を継ぎ、”町のお酒屋さん”だった家業が将来生き残っていくためにはどうしたら良いか・・・毎日自問自答を繰り返していました。取り扱っていたアイテムには限りがあり、それも回りを見渡せば他店でも並んでいる。ある日、サッポロビール時代に営業として回った某地酒専門の酒屋さんがイキイキと、そして真剣に日本酒販売に取り組み、近所の皆さんに愛されている様子を思い出し、私も全国の美味しいお酒を探し出して、お客様に楽しんで頂こうと決意しました。

そこでまずは、日本酒に限らず本格乙焼酎など自分で買って飲んでみて感動した蔵元へ手紙を送り、蔵を訪問することから始めました。もちろん取引きまで行き着くのは簡単ではありません。何度も手紙を書き、通い続けました。そうやって小さくても一歩一歩進めていったことで、様々なきっかけ・出会いが現在のパートナーであり、丁寧に酒を造る素晴らしい造り手たちと結び付けてくれたのです。

日々進化し変化し続ける時代の中で、私達酒販店・日本の酒が担う役割とは何か。パートナーと共に市場を創造する為のディスカッションを繰り返し、歩んでいきたいと考えております。

蔵周り

日本の酒を世界へ発信

日本の酒は知れば知るほど、繊細で奥深い。酒は、自然の恵みを原料とし地域の風土や蔵の伝統、歴史と共に受け継がれてきた文化です。造り手による一切妥協のない繊細で匠な技は、世界でも類を見ません。日本の酒は誇るべき産業であり、それを全世界に向け発信・販売をしていきたいと考えています。私は世界と造り手とを結ぶクルティエという立場で、まずは香港・カナダ・シンガポールへ向け日本酒・本格乙焼酎・梅酒の輸出がスタートしました。そして現地へ赴き、酒を販売する現地スタッフに向けてセミナーを開いています。海外での反応は素晴らしく、酒の完成度はもちろんですが、造り手を知っていただき酒造りにおける背景・技術を実感してもらえると、それを一つの価値として感じてくれます。まさしく1本のお酒の中に価格以上の付加価値が詰まっているのです。

私は、弊社いまでやだけでなく、業界貢献として日本の酒業界・酒販店業界の後世に何を残せるか。日本のマーケットだけではなく、世界市場に向けて「日本の酒」を発信し続けていきます。

海外セミナー
小倉 あづさ

専務取締役
小倉 あづさOgura Azusa

facebook

世界のワイン生産現場が教えてくれた

いまでやの仕事にのめり込み始めたのは、フランスのワイン生産地を訪ねてからでした。今から考えれば当たり前の事ですが、「ワインは農産物だったのね!」と心から納得でき、暗記が苦手な私にとって負担だったソムリエ試験の為のフランス産地のワイン法などが、すべて腑に落ちてからです。
現地で飲んだワインはフレッシュで酸化防止剤や農薬なども最低限に抑えられており、更に熟成により魅力を発揮して、何よりも驚いたのはたくさん飲んでも悪酔いしない事でした。体は正直なものでナチュラルであるかどうかはすぐにわかります。

2006年からスタートした、オリジナルボジョレーヌーヴォー企画。これは日本のマーケットでは最も知名度が高いボジョレーヌーヴォーだからこそ、こだわりを持ったものを販売したいという思いから始まりました。日本の商業的なマーケット向けに造られたワインとは全く違う、ぶどう農家が手掛けるワインです。年に何度か彼の畑を訪ね状態をチェックします。そして瓶詰め前のアッサンブラージュというブレンドの作業を私が自ら行います。いまでやのお客様へ伝えたいいまでやオリジナルの味を、毎年楽しんで頂いております。毎年気象条件などで味が違って当たり前のワイン。そのワインの楽しみを気軽に体感して頂ける取組みなのです。

世界のワイン生産現場が教えてくれた オリジナルボジョレーヌーヴォー企画

日本ワインを応援しています

そして私がライフワークの一つとして考えているのが、日本のワインの普及です。これは本当に面白いのです。北海道から宮崎まで様々な条件の中熱い造り手たちがぶどうとワイン造りに向き合っています。日本人にとって風土の想像もつきやすく、造り手たちと日本語で会話が出来る事もあり、それぞれの個性をダイレクトにその味わいから感じられ、日本産ならではのワインの楽しさを感じる事が出来ます。私たちのスタンスで日本ワイン文化に出来る事、楽しんで模索して行くつもりです。
その中でいつか地元のぶどうでワインが出来たら・・・と、地元の農家さんとぶどう栽培をスタートしました。老後の楽しみはこれで決まりです!

日本ワインを応援しています 日本ワインを応援しています
前田 嘉夫

取締役 営業本部長
前田 嘉夫Maeda Yoshio

facebook

銀座プレゼンルームから酒育活動

業務用向け営業本部長の仕事は、いわば営業部隊長といったところです。特に都内の料飲店様とのお仕事が多いので、2012年より東京銀座に「いまでや銀座オフィス」を開設しました。ここは酒を提供する方々の寺子屋的存在になりたい!と、会社に強烈なおねだりをして実現したいまでやプレゼンルーム。試飲会や生産者セミナーと、日々何らかの酒文化の発信を行っています。私たちにとって、料飲店様のオーナーをはじめスタッフの皆さんは、一緒に酒文化を発信してくれる大切なパートナーなのです。正しい知識で造り手の熱い思いを共有して、飲み手へその価値を伝えて行きたい。
私たちはそんな活動を「酒育活動」と位置付け、積極的に取り組んで行きます。

銀座プレゼンルームから酒育活動 銀座プレゼンルームから酒育活動

上へ戻る