いまでや

  • ショップ & レストラン
  • 料飲店様向け発注サイト
  • IMADEYA ONLINE STORE
  • jpen
  • jp
  • en
  • menu open

みなさんこんにちは! 本日は宮城県にある大沼酒造店より新入荷の日本酒-ひやおろしをご紹介いたします。   宮城県・大沼酒造店 【乾坤一】を醸す宮城県・村田町にある創業1712年の大沼酒造店。宮城県内で現存する蔵の中では二番目に古い歴史を誇る酒造メーカーです。16代目当主は大沼充さん。現在生産量は850~900石で原料米はできるだけ県内のお米を使用しています。「味わい深い純米酒を、安心して飲めるように」という想いを掲げて酒造りをしてきた大沼さん。安定した生産・販売が出来るようになると「鑑評会での金賞を!」という想いが。そこ...

みなさんこんにちは!本日は山口県「東洋美人」で有名な澄川酒造場より新入荷の日本酒を2種類ご案内致します。   山口県・澄川酒造場【←クリックで東洋美人:澄川酒造場:商品一覧へ】創業は1921年。十四代で修行を積んだ蔵元・澄川宜史さん。長崎から関門海峡を渡り、50kmほど島根方面へ行った所にある豊かな自然に囲まれた阿武郡田万川町に、澄川酒造場はあります。2013年7月28日の豪雨で被災した際に数千本のお酒が流され、歴史を伝える家屋や新築の貯蔵庫、米の蒸し器から瓶詰め機まで浸水。同年の9月、初旬に始めるはずだった新酒造りを前に「...

長野県・林農園 塩尻最古のワイナリー 塩尻の葡萄の歴史と共に歩んできた林農園。1911年(明治44年)にブドウを始めとした果樹の栽培を開始。ワインを造り始めたのが1919年(大正8年)と塩尻で最も古いワイナリーです。五一わいんの由来でもある、創業者の林五一さんは塩尻のワイン造りに大きく貢献し、塩尻の契約農家制度を造ったのも五一さんです。   長野で初めてメルロを植樹 早くから海外品種に目を付けて、試行錯誤を繰り返していた五一わいん。メルロ種を初めて長野県で栽培に成功したワイナリーでもあります。以来、桔梗ヶ原のメルロは大...

みなさんこんにちは! 本日は秋田県より「阿櫻」で有名な阿桜酒造より新入荷のひやおろしをご紹介いたします。   秋田県・阿桜酒造 阿桜酒造の創業は1886年。昔は二級酒(今の普通酒)をメインに造っており、その時の石数は5,000~6,000石(1石=1.8L×100本)。秋田県はどの蔵も普通酒の生産量がとても多かったとか。 原料米に兵庫県産・山田錦、岡山県産・雄町を使用しつつ、秋田県産米にもこだわりを持ち、酒こまち・吟の精・美郷錦などを精力的に使ったお酒造りを実践。特定名称酒造りへ少しずつシフトし、現在では生産量も600石と減石。その...

みなさんこんにちは! 本日は滋賀県、ヒトミワイナリーより新入荷の日本ワインを4種類ご紹介致します。   滋賀県・株式会社ヒトミワイナリー にごりワイン専門メーカー、滋賀にあるヒトミワイナリー。「農=ワイン=食」という想いから、ろ過を一切しないピュアでナチュラルな「にごりワインスタイル」を追求されています。 “にごり”ワインとは、液中に残る果実繊維や酵母、酒石酸などをろ過しない状態でびん詰めしたものです。アルコール感を柔らかく感じ、ワインが苦手な方でも美味しく飲める味わいが特徴。 このヒトミワイナリーさんのワイン...

12345

上へ戻る