いまでや

  • 料飲店様向け発注サイト
  • オンラインショップ
  • jpen
  • jp
  • en
  • menu open

みなさんこんばんは!
本日は岐阜県にある「百十郎(ひゃくじゅうろう)」で有名な林本店、また栃木県にある「仙禽(せんきん)」で有名なせんきん、長野県にある「亀の海(かめのうみ)」で有名な土屋酒造店、さらに高知県にある「美丈夫(びじょうぶ)」で有名な濱川商店、最後に熊本県にある「亀萬(かめまん)」で有名な亀萬酒造より新入荷の日本酒をご紹介いたします。

 

 


s1

百十郎 日和 純米吟醸 無濾過生原酒
1.8L /3,099円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
720ml/1,649円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米吟醸(精米歩合 60%)
酒米       :秋田酒こまち
日本酒度     :+1
酸度       :1.6
アルコール度数  :16度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)~お燗
相性の良い料理  :モツ煮こみ
醸造元      :林本店
【蔵元より】
今年の「百十郎 無濾過生原酒」の中でダントツ一番人気だった
「桜version」をひと夏蔵で寝かせたお酒です。
ほんのりと甘くキレイでほのかな酸を感じたお酒は、
夏を越えて完熟した果実のようなお酒に仕上がりました。
秋の夜長を楽しんでいただきたい一品です!

 

 


s2

仙禽 線香花火 雄町
1.8L /3,100円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
720ml/1,550円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :―(精米歩合 50%)
酒米       :雄町(栃木県さくら市産)
日本酒度     :―
酸度       :―
アルコール度数  :14度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)
相性の良い料理  :細ネギのごま油和え
醸造元      :せんきん
【蔵元より】
夏越しを想定して設計したモダンシリーズ、
クラシックシリーズを同一品種ブレンドしました。
ハーブ様の香りや熟したバナナを思わせる香り。
口に含むと、存在感があり、ひと夏を越し、芳醇で美しい酸味には独自のキレ味、
熟成によりバランス感の取れた円熟した酸味と甘味。
ミネラル感あふれるシルクのような心地よさ、夏から秋にかけて季節の節目に
ふさわしい珠玉の味わいをお楽しみください。
ゆく夏に後ろ髪をひかれる、深い味わいです。

 

 


s3

亀の海 純米吟醸 ひやおろし 生もと Modernize Terroir Gorobei

1.8L /3,000円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米吟醸(精米歩合 59%)
酒米       :ひとごこち
日本酒度     :±0
酸度       :1.7
アルコール度数  :16度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)~お燗
相性の良い料理  :こんにやくの白和え
醸造元      :土屋酒造店
【蔵元より】
古来の酒母育成を用いても、あくまで味わいは心地よいバランスで、
軽やかに適度に感じる旨味。
しかしながら骨格もあって、お燗にしても良し。
酒米は農薬無散布栽培の佐久市・浅科五郎兵衛新田産「ひとごこち」を100%使用し、
キレイでモダンで地域風土を詰め込んだ酒。そんな酒です、
純米吟醸生もとモダナイズ・テロワールゴロベイ。

 

 


s4

美丈夫 純米吟醸 純麗 たまラベル
1.8L /2,600円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米吟醸(精米歩合 55%)
酒米       :―
日本酒度     :―
酸度       :―
アルコール度数  :15度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)
相性の良い料理  :焼き椎茸
醸造元      :濱川商店
【蔵元より】
私たちの蔵ならではの恵みのひとつは醸造に適した仕込み水。
柔らかな軟水を用いた低温醗酵は、じっくり穏やかな経過を辿り、
きめ細やかでたおやかな口当たりの酒を生み出します。
丁寧な造りの結果として出てくる控えめな吟醸香は、柑橘系。
キュンとした酸味と果実を連想させる爽やかさを持つ純米吟醸です。
米のふくらみや柔らかさを感じながらも、最後のキレ味は、シャープ。
これぞ美丈夫、といえる定番酒です。

 

 


s5

亀萬 純米吟醸 野白金一式九号酵母
1.8L /3,000円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米吟醸(精米歩合 55%)
酒米       :山田錦(岡山県産)
日本酒度     :―
酸度       :―
アルコール度数  :15度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)
相性の良い料理  :揚げだし豆腐
醸造元      :亀萬酒造
【蔵元より】
協会九号酵母は、のちに「酒の神様」と称された熊本の
野白金一博士によって分離され60年、今でも全国の吟醸酒で多く使用されています。
このお酒は、熊本が誇る九号酵母を用いて、熊本の米・熊本の水で仕込んだ純米吟醸酒です。
今回は地震の影響もあり、全量熊本産山田錦とはいきませんでしたが、
熊本酵母が程よく香り、厚みのあるお酒に仕上がりました。

 

 

 

本日ご紹介の日本酒
是非、お楽しみください。

上へ戻る