いまでや

  • 料飲店様向け発注サイト
  • オンラインショップ
  • jpen
  • jp
  • en
  • menu open

みなさんこんばんは!
本日は鹿児島県にある「海、くじら」で有名な大海酒販と「蔵の師魂(くらのしこん)」で有名な小正醸造より新入荷の焼酎をご紹介いたします。

 

 

 

s1

くじら 新焼酎 25度
 1.8L/2,038円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
720ml/1,195円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
原料:黄金千貫、米麹(大隈産イクヒカリ)
区分:芋
麹菌:白麹
アルコール度数:25度
飲用温度(飲み方):ロック、水割り
相性の良い料理:天ぷら
醸造元:大海酒販
大きなスケールのくじらがブリーチングしている、10月限定ラベルの新焼酎。
新酒のフレッシュさに加え、雄大で全てを包み込むような優しさと力強さを持ち合わせた、
大海原に生きる鯨のように柔らかく華やかな香りと口当たりが特徴です。
匠の魂と技から生まれた極上の一滴をお楽しみください。

 

 

s2

蔵の師魂 新焼酎 25度
 1.8L/2,000円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
720ml/1,080円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
原料:黄金千貫、米麹(鹿児島県産コシヒカリ)
区分:芋
麹菌:黒麹
アルコール度数:25度
飲用温度(飲み方):ロック、お湯割り
相性の良い料理:豚しゃぶ
醸造元:小正醸造
東馬場農場で大事に育てられた芋で仕込まれた、出来立ての本格焼を瓶詰めした新焼酎。
新焼酎らしいフレッシュで粗い酒質はこの時期の醍醐味。
通常の甕壷熟成の「蔵の師魂」とはまた違った、芋の芳しい香り、
旨みとコク、そして心地よい喉越しが楽しめます。
お鍋のお供にお湯割でどうぞ!

 

 

 

本日ご紹介の焼酎!
是非、お楽しみください。

みなさんこんばんは!
本日は宮崎県にある都農ワイン、北海道にあるさっぽろ藤野ワイナリーより新入荷の日本ワインを2種類ご紹介致します。

 

20171016blog2

都農ワイン ピノノワール プライベートリザーヴ 2016
750ml/2,666円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
容量:750ml
産地:宮崎県
ブドウ品種:ピノノワール
ヴィンテージ:2016
色:赤
アルコール度数:―%
グラスの種類:万能グラス
サクランボやフランボワーズなどの赤い果実を連想させられる香りとオークの香りを全面で感じます。グラスを回すとドライプルーンやカカオのような甘い香りも重なり合い、複雑で心地よい香りが楽しめます。
優しいタンニンと心地よい酸味が口全体に広がります。味わいを強く主張しないので、心地よいファーストアタック。サクランボやアセロラを連想させられます。さらに、優しいタンニンと果実味のバランスは良く、余韻では、ほのかなローストのニュアンスと心地よい果実味が長く楽しめます。

 

20171016blog1

さっぽろ藤野ワイナリー アッシジのフランシスコ 2015
750ml/2,400円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
容量:750ml
産地:北海道
ブドウ品種:セイベル13053
ヴィンテージ:2015
色:赤
アルコール度数:10.5%
グラスの種類:万能グラス
道南の厚沢部町でぶどう栽培を営む進藤貞一さんにより丁寧に栽培されたセイベル13053種をひと房ずつ選果し、除梗したのちに天然酵母の力で発酵をスタート、その後樽内発酵、樽内熟成を行っています。ヘーゼルナッツやスミレのような香り高さを持ちながら、柔らかくなめらかな口あたり、黒い小果実のジャムのような果実味、生き生きとした酸味と旨味が心地よい余韻をもたらします。味わいのやさしさを保つためろ過は行わず、亜硫酸の使用も最小限にとどめました。そのため自然の炭酸ガスとぶどう本来のオリが含まれていることがあります。

 

本日ご紹介の日本ワイン!
是非、お楽しみ下さい。

みなさんこんばんは!
本日は宮城県にある「乾坤一(けんこんいち)」で有名な大沼酒造店、また秋田県にある「白瀑(しらたき)、山本(やまもと)」で有名な山本より新入荷の日本酒をご紹介いたします。

 

 

 

s1

乾坤一 純米 愛国
 1.8L/2,300円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米酒(精米歩合 60%)
酒米       :愛国(宮城県産)
日本酒度     :+4
酸度       :2.0
アルコール度数  :16度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)~お燗
相性の良い料理  :甘えびの塩麹漬
醸造元      :大沼酒造店
しっかりとしたキレのある辛口の仕上がりです。
コシヒカリ、ササニシキなどの祖先にあたる愛国(あいこく)で
醸されています。

 

 

 

s2

山本 純米大吟醸 木桶仕込みアイスピンク
720ml/5,555円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米大吟醸(精米歩合 29%)
酒米       :秋田酒こまち
日本酒度     :―
酸度       :―
アルコール度数  :15度
飲用温度(飲み方):冷~冷や(常温)
相性の良い料理  :鯛の刺身
醸造元      :山本
秋田杉製の木桶で仕込まれたお酒です。
さらりとした清々しい口当たり。品のあるフルーティな味わいです。

 

 

 

 

本日ご紹介の日本酒
是非、お楽しみください。

みなさんこんばんは!
本日は山口県にある「東洋美人(とうようびじん)」で有名な澄川酒造場、また秋田県にある「ゆきの美人(ゆきのびじん)」で有名な国権酒造、さらに長野県にある「明鏡止水(めいきょうしすい)」で有名な大澤酒造、最後に滋賀県にある「七本鎗(しちほんやり)」で有名な冨田酒造より新入荷の日本酒をご紹介いたします。

 

 

s1

東洋美人 ippo 西都の雫
 1.8L/3,300円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :―(精米歩合 ―)
酒米       :西都の雫(山口県産)、他
日本酒度     :―
酸度       :―
アルコール度数  :16度
飲用温度(飲み方):冷~冷や(常温)
相性の良い料理  :ブリ刺し
醸造元      :澄川酒造場
澄川酒造場の創業は1921年。長崎から関門海峡を渡り、50kmほど島根方面へ行った所に
ある豊かな自然に囲まれた阿武郡田万川町に、澄川酒造場はあります。
2013年7月28日の豪雨で被災した際に数千本のお酒が流され、歴史を伝える家屋や新築の貯蔵庫、
米の蒸し器から瓶詰め機まで浸水。同年の9月、初旬に始めるはずだった新酒造りを前に「壊滅状態」に。
しかし全国から蔵元や酒販店の従業員がかけつけ、懸命な復旧支援により年内に
「蔵の改築」と「酒の仕込み」を再開しました。
そんな原点に戻った東洋美人より、5月からひと月ずつ酒米違いで登場するシリーズ「ippo(一歩)」。
第六弾では、山口県オリジナルの酒米「西都の雫」を使用しています。
純米大吟醸スペックですが、このお酒はあえて特定名称を名乗っていません。

 

 

 

s2

ゆきの美人 純米吟醸 美郷錦 火入
 1.8L/3,000円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
720ml/1,500円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米吟醸(精米歩合 55%)
酒米       :美郷錦
日本酒度     :+9
酸度       :2.0
アルコール度数  :16度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)
相性の良い料理  :舞茸のナムル
醸造元      :秋田醸造
希少な秋田の酒米を全量使用した純米吟醸。
爽やかで角のとれた酸が心地良くお米のふくよかな旨みを広げてくれます。
キレがよく、滑らかでドライな後口に仕上がっています。

 

 


s3

明鏡止水 甕口 純米吟醸 無濾過生原酒 秋あがり
 1.8L/2,847円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米吟醸(精米歩合 55%)
酒米       :美山錦
日本酒度     :+4
酸度       :1.8
アルコール度数  :17度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)~お燗
相性の良い料理  :鯵のたたき
醸造元      :大澤酒造
槽(ふね)より滴り落ちる甕(かめ)から直汲みしたお酒を瓶燗し、
冷蔵貯蔵したひやおろしタイプの生詰原酒。
凝縮した味わいがこの季節にぴったりの秋あがりです。
甕口の旨さをそのままに、ガツンと感じる飲み応えが楽しめます。

 

 

 

s4

七本鎗 山廃純米 琥刻 2016
720ml/1,800円(税別)【←クリックで購入ページヘ】
規格       :純米酒(精米歩合 80%)
酒米       :玉栄(滋賀県産)
日本酒度     :―
酸度       :―
アルコール度数  :16度
飲用温度(飲み方):冷や(常温)~お燗
相性の良い料理  :小魚の佃煮
醸造元      :冨田酒造
【蔵元より】
かねてより酒の熟成、すなわち時が醸す味わいに魅かれるものがありました。
人が醸した酒、そこに時の刻みによる厚みが加わり深みが増し琥珀色になっていく。
「時」を感じながら飲む、これも酒の楽しみ方の一つでありたいと思います。
そんな想いを込め、「琥刻」と名付けました。
天然の乳酸菌の働きを利用した古式製法「山廃仕込」によるコクと深みのある味わいが特徴です。

 

 


本日ご紹介の日本酒
是非、お楽しみください。

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁も約一か月後に迫りましたね。

現在、フランスへ現地視察に行っている専務の小倉あづさから、ヌーヴォーの最新情報が届きました!

 

ボジョレー モルゴン村

「ペール・ギヨ」 

専務 ペール・ギヨ1専務 ペール・ギヨ2

さすが、毎年期待を裏切らない安定感のある素晴らしい味わい。
今年は、こなれたタンニンと酸がいつものパワフルな果実味にしっかりついて来る感じ。

フルーティー&エレガント、と言ったところでしょうか。

例年に比べちょっと大人になったような味わいのバランスです。

更にここから解禁日までに、どのようにまとまってくるか本当に楽しみです!

 

ボジョレー

「ドメーヌ シャテルス キュヴェAZUSA」

シャテルス3シャテルス

さきほど、アッサンブラージュ(※複数のワインをブレンドすること)を終えました!

2017年のシャテルスは、パスカルさんによると「霜の影響により例年より2割から3割ほど収量が減ってしまい、その部分は造り手として辛かったが、その分とても凝縮したぶどうが出来ました。」とのこと。

ボジョレーヌーヴォーとは思えない色の濃さとビロードのような深み、例年のチャーミングさに比べ、ちょっと落ち着きのある大変バランスの良い大人のワインに仕上がりました。香り豊かで何と言っても余韻が長く、完成度が高い!
収穫が例年より約2週間ほど早かったこともあり、もう既にどの区画のキュベもワインとしてかなり完成されていました。逆に言えば、この状況下のアッサンブラージュは始めてだったのでかなり難しかったです。

悩んだ結果、最終的に3つの区画から選んでブレンドをしました。
・5番の区画…50% 甘みが凝縮した穏やかなバランスの和を感じる“出汁”系
・26番の区画…20% パスカルさんいわく、「シャテルスで最も最高の区画」。酸と果実のスケール感が大きく、最も凝縮した感じ
・11番の区画…30% 全体を調和させるボジョレーらしい味わい

とても深い味わいで、本当に美味しいと思います。
いつも通り、和食も含めた幅広いお料理、そして今年は、ワイン単体でも楽しめる凝縮感も感じられます。

 

 

どちらも本当に待ち遠しいですね!

ただいま、店頭の他、オンラインショップ「IMADAY」でもご予約受付中です。

ぜひ、その年その年でしか味わえない最高品質のボジョレー・ヌーヴォーをお楽しみください。

上へ戻る